藤川まさし Official Web Site

「北海道をもっと元気に!」 北海道議会議員 藤川まさし(札幌市中央区)

トピックス・ニュース

北海道議会議員としての活動をご紹介します。

第4回定例道議会報告

2018年12月14日(金曜日)

第4回定例道議会は、11月7日(火)に開会、災害対応等の補正予算、「北海道植樹の日・育樹の日条例」、「新たな外国人受け入れの適正な実施と多文化共生社会の実現に関する意見書」等を可決し、12月13日(木)に閉会しました。
 
会派の代表格質問では、知事の政治姿勢、胆振東部地震等の災害対策、交通政策、医療・福祉施策、一次産業振興策等を質疑しました。
 
高橋知事は自身の去就について、今定例会の議論でも一切明らかにしないまま、にもかかわらず、その一方で、「定例会閉会直後に参院選への転身の表明」が報道されるなど、不誠実極まりない対応ぶりでした。また、9月の胆振東部地震からの復旧・復興対策、その際露呈した本堂の脆弱なエネルギー構造、地域に鉄路廃止をちらつかせながら負担を押し付けつけようとするJR北海道、これら道民が直面する難問への対応は相変わらず国頼り、当事者任せの答弁が続きました。
 
補正予算は、胆振東部地震災害復旧費等の一般会計265億1,600万円を開会初日に可決。また、特別対策事業費等の一般会計54億600万円、道営競馬の誤審への対応予算等の特別会計3億8,100万円が最終日に可決されました。これにより、30年度(2018年度)道の予算規模は、一般会計2兆8,569億円、特別会計1兆1,192億円の合計3兆9,761億円となりました。